ゲーム紹介

今までプレイしたエロゲやギャルゲを語っていこう 5

今までプレイしたエロゲやギャルゲを語っていこう 4...

 

今回は20058月くらいからのお話。

 

この頃プレイしてたエロゲを思い出すとB’zの「OCEAN」が頭に流れますわ(笑)

当時新曲として売れてましたね。

 

今聴いてもええ曲。

 

 

ということで久々のこのシリーズの記事です。

今回は当時の中ではネームバリューすごいのが集まりましたね。

エロゲ始めたての頃は評判のいい作品をどんどん消費できる楽しさがあってよかったですね。

 

 

21本目

家庭教師のおねえさん~Hの偏差値あげちゃいます~

この頃はアトリエかぐや率がかなり高くなってます。

自分のPCを買って、DVD-ROMのゲームがプレイ可能になったからかと。

 

「ナースにおまかせ」のときのような立ち絵のバカっぽさはなくなった作品でしたね。

 

ゲームのほうはマジメにプレイしたけどテンプレ展開によるテンプレなテキストが垂れ流されてるだけで正直つまらなかったのかな。

というか今も基本的にアトリエかぐやの作品はそんな感じだけどね。

まあそこがウリじゃないからいいんだろうけど、1作プレイしたらあとはセーブデータ当てて楽しめばええかなってなりましたわ。

Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

 

22本目

家族計画~絆箱~

個人的に今までプレイしたエロゲで1番好きな作品です。

 

ぼくら世代のエロゲーマーならこれがNo.1の作品と思う人も何人かいるかと思います。

笑いあり、シリアスあり、涙ありと個人的に好きな要素すべてを楽しめる貴重な作品でしたね。

 

BGM、OPとED曲もよかったですわ。

 

ただ笑いのほうはPS3のリメイク版でまあまあ寛が滑り散らかしてるらしいのでよっぽど若◯ボイスの力に助けられていたとも言えるかも。

 

まあグラフィックはやっぱりよくなっているのでプレイはしてみたいんですけどね。

 

このシーンとかプロローグなのによかったですね。

 

あとこれで思い出すのは、ぼくは準ルートが好きなんですが、エロゲ友達何人かとこの作品でどのルート好きかって話になると青葉ルートばかりだったことか。

青葉ルートもいいけどぼくはより泣ける準ルートが好きなんですがみなさんはどうでしょう?

Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

 

23本目

秋色恋華

この戸倉真由というキャラが好きで、このルートのみ1年前にプレイしましたね。

 

パープルということで当時からグラフィックは一歩前に出てるメーカーで、OPもアニメーションになっていてかなりがんばっています。

 

このムービーで流れてる聖地に10年以上前に行きましたが今も変わらない景色になっているんですかね?

 

当時プレイしたときはテキストがつまんなかった気がしたんだが、再プレイしてみると意外と読めるものだったという。

 

あとなぜか妹ルートだけ個別のアニメーションエンディングが流れてたっけか。

このキャラのボイスだけしゃべりだすとき息継ぎが激しくてすごい気になったのも書いてて思い出しましたわ。

途中からそれがずっと気になってテキストが頭に入ってこないんよね(笑)

 

気になる方はプレイしてぜひ聞いてみよう。

Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

 

24本目

車輪の国、向日葵の少女

字が薄くなっとりますが当時発売日に買ったレシート(笑)

買ったソフトの箱に入ってました。

消費税5%ですか……ええ時代でしたね。

 

本編は2章と3章が特におもしろい。

名言も多く、続きが気になる素晴らしい出来でした。

車輪の国、向日葵の少女 名言集...
掃除してたら「車輪の国、向日葵の少女」の予約特典やらが出てきた...

この作品に関しては過去に1つの記事で結構語ってたんでそちらも見ていただけたらなと。

Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

 

25本目

姉汁~白川三姉妹におまかせ~

車輪の国と同じ発売日に出た作品。

アトリエかぐや率が高すぎるんで次回以降はもうこのメーカーのことは書かなくてもええんかな。

ほとんど同じことしか書いてないし(笑)

 

でも当時としてはやっぱりグラフィックが綺麗でエロかったですわ。

Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

 

今回は以上です。

ではまた。

今までプレイしたエロゲやギャルゲを語っていこう 1...

 

ゲームレビューに戻る

スポンサーリンク